アストラ銀座歯科

インプラント/アストラ銀座歯科
東京都中央区銀座5-8-9 BINO銀座2F
TEL:03-6263-9736

  インプラント  
 


インプラント治療

失った歯を取り戻す素晴らしい治療法

従来、歯が抜けてしまった場合の治療法としては、入れ歯やブリッジが採用されていました。
しかし、ブリッジは両隣の健康な歯を削らなければなりませんし、入れ歯は装着時の違和感といったデメリットがあります。それらをすべて解消したのがインプラント治療です。

インプラント治療は、歯がなくなった部分の顎の骨に人工歯根(インプラント)を埋め込み新しい土台を作り、その上から人工歯(セラミッククラウンなど)を被せます。

「第2の永久歯」といわれるほど、天然歯に近い機能と見た目を持った歯が手に入る、画期的な治療法といえるでしょう。

また、インプラントの素材には、骨との親和性がよいチタンが使われていますので、人体への影響はなく安心です。
歯を失ってお悩みの方、入れ歯やブリッジに抵抗がある方にはぜひお勧めしたい優れた治療法です。

インプラント治療についてのご相談・ご質問は、お気軽に当クリニックまでお問い合わせください。


安心安全で確実なインプラント治療のために

安心安全で確実なインプラント治療のために インプラント治療をする前の検査として、レントゲン撮影による術前診査が行われます。ただし、レントゲン像は全顎的な審査を行うためにはとても有効ですが、インプラント治療の術前検査としては完璧ではありません。

それはインプラント手術では、神経管や血管の位置や骨幅、骨質などを正確に診査・診断する必要があるからです。
ですから、インプラント治療ではCTによる精密検査は欠かせません。

当院では、より安心・安全・確実に行うために「精密診断のための歯科用CT機器」や「実績のあるインプラントシステム」など最新機器や材料を使い最良のインプラント治療に取り組みます。


骨が足りない症例に対応する術式

GBR
GBRとは(Guided Bone Regeneration)の略で、骨誘導再生法とも呼ばれます。
インプラントを埋入するには充分な骨の厚みと幅が必要なります。しかし、歯を抜いた後に長時間経過すると歯を支えていた骨の吸収が進んでしまいます。また、歯根の先が膿んでいる場合にも骨の吸収が進行してしまいます。
GBR法は、インプラントを埋入するのに十分な骨の厚みや幅がない場合、 骨の厚みや幅を増やす手法です。

サイナスリフト
上顎には上顎洞と呼ばれる空洞があります。
この上顎洞から歯の部分までの骨の高さが不足している場合に、人工骨や自身の骨(自家骨)を移植することにより、上顎洞にインプラント埋入に必要な骨の厚みを作り出す方法です。


インプラント治療の流れ

インプラント治療は、顎の骨に直接人工歯根を埋め込んで人口歯を被せる治療法です。
ここではインプラント治療の手順と治療期間をご紹介します。

01
カウンセリング
カウンセリング 最初に治療内容や注意点について丁寧なカウンセリングを行います。患者様に不安を解消していただいてから検査・治療に進みます。
02
検査
検査 患者様の健康状態などを問診した後に口内の検査を行い、虫歯や歯周病の有無を調べます。レントゲン・CTスキャンなども行い、最後に歯型を採ります。
03
治療計画
治療計画 インプラント治療を行うかどうかを決定し、検査結果を総合してインプラント治療計画を立てます。
04
手術
手術 インプラントを顎の骨に埋め込む手術を行います。
05
治癒期間
治癒期間 インプラントと顎の骨をしっかりと結合させるために、治癒期間(一般的には3〜6ヶ月)をとります。なお、この期間中は仮歯を使用します。
06
人工歯装着
人口歯装着 歯の色や形を患者様のご希望に合わせて作製した人工歯(最終補綴物・差し歯)をインプラントに装着します。
07
メインテナンス
メインテナンス インプラントを長くお使いいただけるよう、ご自宅での正しいブラッシング方法を指導します。メインテナンスは、まずインプラント装着後1〜2週間後に行います。その際にネジの締まり具合や噛み合わせなどを確認します。その後は3〜6ヶ月に1回程度の定期検診を受診していただきます。


症例ケース

CASE.01  臼歯部(奥歯)の単独欠損(1本欠損)
臼歯部(奥歯)の単独欠損(1本欠損)
before
臼歯部(奥歯)の単独欠損(1本欠損)
after
画面左の奥歯(臼歯部)後から2番目の歯が抜けているところに1本インプラントを埋入し、審美面と機能面の回復を行いました。